【韓国編】@ソウル2泊3日で制覇する!リピーター100%のカフェ&レストラン♡

【韓国編】@ソウル2泊3日で制覇する!リピーター100%のカフェ&レストラン♡
Pocket

~~ソウル旅行で外せない観光エリア4選

カルマジュンサムギョプサル

初めてのソウル旅行で外せない観光エリア(City)といえば・・

  • 明洞(ミョンドン):日本語が話せる店員ダントツNo1の街。インスタでよく見かけるLINEキャラ、ブラウンの大きな人形と写真が撮れるLINEショップがある。コスメ/免税店/洋服が豊富。
  • 東大門(トンデムン):ソウルの中でも雑貨/ファッションが最先端のエリア。若い人が多く集う街。
  • 仁寺洞(インサドン):韓国の正装が体験できるエリア。絵/陶器/喫茶店が集結しているエリアで旅行の醍醐味でもある、異国の伝統を感じられる。
  • 弘大(ホンデ):クラブの街。韓国の学生やアイドル?歌手?デビューを目指す若者が路上ライブをしていたり、世界中から(旅行客を含めた)若い人がたくさん集まる。洋服/雑貨/コスメ/カフェが楽しめるエリア。
  • 江南(カンナム):ビジネス街で落ち着いた雰囲気。銀座のようなショッピング街が並び、ご飯を食べる場所も豊富。

~♡~2泊3日で制覇したい韓国Food

東京⇔ソウルは飛行機で2時間程。中には、日帰りするリピーターがいるほど気軽に行ける海外としても人気の国。気軽に行ける海外旅行先として、2泊3日Schが平均?という仮定で進めていきます。。。

 

今回紹介したいFoodは・・・

カルマジュンサムギョプサル

カルマジュンサムギョプサル

Address:〒ソウル特別市瑞草区瑞草洞1380-14

営業時間:Am10:00~Am3:00/休業:日曜

※日本語NG/英語が通じないことも・・・

ローカルで人気のお店。ガイドブックにも載っていないせいか、海外観光客がまったくといって言いほどいなかった。韓国塩顔系のイケメン店員が親切だった。

 

ここでのおすすめは、“カルマジュンサムギョプサル”店の名前にもなっている代表メニュー。

激辛フード好きには有り難い程辛いメニューがそろってる。

値段も2人でお腹いっぱい食べて50000ウォンくらい(5000yen位)

 

LOW CAFFEE HANNAM

Address:〒ソウル特別市龍山区漢南洞683-5

ハンガンジン駅1番出口から徒歩10分弱くらい

※日本語NG/英語OK

営業時間:11:00~22:00

 

インスタにも載せたミルクティの入ったオシャレなボトルが有名なカフェ。

店内は狭めだけどインテリアがとにかく可愛い。韓国のオシャレな女子大生が少人数で女子会を開いていた。

Drinkのフレーバーは、ミルクティ2 種類/抹茶ラテ/キャロットオレンジジュ ースの4種類。入れ物は普通のカップで、コーヒーの展開もあった気がする。。

drinkメニューの他にもパウンドケーキ/菓子パンなど、ショッピングで歩き疲れたら立ち寄って軽く軽食を取るのにぴったりなカフェ。

MYEONGDONG STREET チャンインタッカルビ

Address:〒ソウル市中区忠武路2街2階

※日本語NG英語OK

営業時間:11:00~23:00

 

メニューの中から好きなトッピングを選んで注文ができる。

Drink/サラダ/サンチュが食べ放題

辛さのレベルが選べるのもポイント高め。マイルドでもそこそこ辛いので、辛いのが苦手な人は甘口がお勧め。価格もベースのタッカルビで25000ウォン位。

味加本(みかぼん)

ミョンドン おかゆ
Address:〒ソウル特別市 中区 明洞2街 2-23 2F

営業時間:08:00~22:00

 

 

朝ごはんで利用したい老舗のおかゆ専門の定食屋さん。

ここのおばちゃん店員さんが本当にかわいくて、観光客にも親切に接客してくれる。メニューは、おかゆがベースで、マツタケ/蟹など、高級食材を使用しているため、価格は少し高め(平均20000ウォン:2000yen位)自家製のキムチとチャンジャがおかわり自由♪

 

~♡~Have a nice trip✈

 

韓国旅行で気が付いたことは、drinkはレストランだとおかわりが自由。(念のため確認は必須)コップでおかわりするような日本のスタイルではなく、缶やビンだったり、グラスで頼むと何度でももってきてくれる。

 

また、ミョンドンを外れた市街のレストランは日本語NGの場所も多く、基本的に英語は必須だと感じた。移動手段は断然電車(地下鉄)がお勧め。初日にスイカのようなICカードを駅のコンビニで5000ウォン(500yen)で買って、ソウルの電車案内アプリをインストールすれば比較的迷わず移動が出来る♪

 

Pocket